人気ブログランキング |

名古屋圏のグルメ情報・おでかけ情報や、名古屋人の食卓を紹介しています。TB・コメント大歓迎です☆彡


by nico_mai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

アンコールワットの朝焼け

c0029849_11330100.jpg05:18
朝早く起きてアンコールワットの朝焼けを見に行きました。
まだ辺りは暗いです。
c0029849_11141637.jpg05:20
前日の雨で西参道の石道には水溜りができています。
足元が暗く見えないので、少し危険です。
西参道は西塔門まで540m続いています。
 ※ ここからは感度を上げて撮影しています。
c0029849_11164441.jpg05:21
西塔門が見えてきました。
アンコール遺跡は東西1.5km南北1.3kmの正方形です。
中央塔が正方形の中央に位置しています。
西塔門から中央塔まで半分の0.75kmありますが、西塔門の入り口から中央塔が確認できます。

c0029849_1119426.jpg05:23
12世紀前半から30年にわたり建築されたそうですが、その時代に正確にこの距離の直線を計測したこの技術がすごいと思いました。
c0029849_1131390.jpg05:25
西塔門をくぐると十字回廊に出ます。
十字回廊にはすでに観賞待の人がたくさんいます。
皆さん眠そうです。
c0029849_11472124.jpg05:28
東の空が明るくなってきました。
05:34            05:36           05:37c0029849_11491976.jpgc0029849_1149296.jpgc0029849_11493999.jpg
05:40            05:41           05:46c0029849_11531321.jpgc0029849_1153248.jpgc0029849_11541411.jpg
c0029849_11553056.jpg05:49
36分くらいから東の空が赤めいてきて46分には終了してしまいました。
10分間にめまぐるしく変化しましたが、ピーク時にはシャッターを押すのを忘れるほど見入ってしまいました。

c0029849_12141.jpgc0029849_1211993.jpg堀の中から見た西塔門(右)と脇の小さな門(左)です。
西塔門は観賞客でいっぱいです。

十字回廊から右のくさむらに降りた辺りは観賞客も少なく、よい写真が撮れると現地のガイドの方が教えてくれました。

*comment
一生忘れることのない朝焼けでした。
年を重ねたらまたこの空を見に行きたいと思いました。
by nico_mai | 2005-07-08 09:01 | その他お出かけ報告